TrioNAS LX HA

Dual controller NAS for your mission-critical enterprise storage

99.999% availability, genuine active-active dual controller NAS with the fastest failover time

  • VMware Ready LOGO
  • Windows Server 2012 認定 LOGO
  • Citrix Ready LOGO
アクティブ - アクティブデュアルコントローラアーキテクチャ

メリット及び特徴
  • 高速バックプレーンバス(64GB/秒)(キャッシュミラーリング)を介してのミラーリングメモリキャッシュ。
  • 非対称式(asymmetric)の自動構成、ALUA対応。
  • 2つのアレイコントローラ相互にバックアップし、急速に失効故障切替が出来ます。(controller failover)
  • 2つのアレイコントローラは同時間にI / Oアクセスサービスを提供し、Global Namespaceにを対応しています。
  • シンプルなインタフェース管理、パフォーマンスとキャパシティを簡単にアップグレードできます。
  • ファームウェアを更新する際、I / Oのサービスを中断することなく完成できます。
  • クォーラムディスクは必要がありません。
  • 市販のクラスタサーバーよりコストパフォマンスが優れ、リソースの浪費を避けられます。

一般的に自称active―standbyの機種は本当のデュアル・コントローラ(Dual Active NAS)を備えているNASソリューションではない場合が多いです。
 
*
Active-Active vs. Active-Standby
 
Active - Active Active - Standby

迅速な失効故障の切り替え
ハートビート(heartbeat)高速フェイルオーバープロセス間の通信とハートビートは、エンクロージャによって保護され、バックプレーン上の高速バスを使用して達成しています。

スローフェイルオーバー
 IPCおよびハートビートは1GbのイーサネットLANケーブルで行われますので、スピートが遅い上、外部エラーを起こしやすいです。

ストレージ効率
RAIDにフル対応し、global namespace2つのコントローラーが同時に同じシャーシにあるHDDへのアクセスが可能です。

リソースの浪費
2台のアレイデータをミラーリングを通してディスクの余分スペースを提供します。
2台のアレイデータはお互いにミラーリングのため、半分のスペースを浪費し、利用率が宜しくありません。

効能のアップグレード
2つのコントローラが同時に単独で資料I/Oサービスを提供することができるため、シングルコントローラと比較した結果、IOPSが平均的に30%〜50%上がることができます。
効能アップグレード不可
スタンバイコントローラがI/Oサービスを提供することができないため、コントローラを増やしても効能を増加することができません。
2倍のメモリキャッシュ・サイズ
2倍のメモリキャッシュの2つのコントローラは、同時に独立し、各コントローラ上のメモリキャッシュ情報を提供することができるため、異なるデータを保存することができ、メモリキャッシュサイズはシングルコントローラの二倍相当です。大幅なI / Oヒットレートが期待できます。
シングルメモリキャッシュ
 スタンバイコントローラは、I / Oサービスを提供することが出来ないため、スタンバイキャッシュコントローラ本体はI/ Oサービス資料の保管することはできません。ハードウェアリソースの浪費となってしまいます。
データが失効後と復元後の一致性
二つのコントローラは同じマシンのハードディスクをアクセスしているため、データが失効して復元後のバックアップデータが1つだけです。データの一致性に問題がございません。
データが失効後と復元後の不一致
データが失効して、復元後データが不一致になる場合は、データは2台アレイのミラーリングで達成していますので、データが失効して、時間をかけて2台のアレイデータを同時にミラーリングするため、RTO時間の増加となってしまいます。
オンライン・ファームウェア・アップグレードサポート
マシンを停止することなく、ファームウェアの更新を行います。ファームウェアを更新した後、新しいファームウェアを適用するために2つのコントローラを順番に再起動します。再起動する際、相互にバックアップしながら書き込みデータの一致性を保持します。サービス及びマシンの中断せずメンテナンスが出来ます。それため99.999%の稼働率を実現することができます。
マシンを停止してからファームウェアの更新を行います
2台のアレイは順番に再起動を行いますが、この期間中に情報が書き込まれた場合は、マシンを停止して、データを同期ミラーリングを行ってからシステム全体の復旧をしなければなりませんため、99.999%の稼働率には達成出来ません。
マシン全体の冗長、モジュール、ホットスワップ可能な設計
 
無単一失効点 : アレイコントローラ、ファン・モジュール、パワーモジュールは、冗長であり、取り外し可能なホットスワップに対応しています。高稼働率及び最も簡単なスポットを提供し(On Site)メンテナンスモード、すべてのモジュールが元のバックプレーンへのアクティブに接続します。無線式(Cable less)デザインは最高の信頼性と最高の信号品質を提供しています。Qsaは企業級ストレージの要求を満たすために、常に最高の品質のハードウェア・アーキテクチャや機器を提供します。
*
*
業界最速のコントローラのフェイルオーバー(フェールオーバー)

なぜデュアルコントローラの購入が必要でしょうか?ダウンタイムの修理時間及びRTO(目標復旧時間)は、業務に重大な影響を与えるからです。もし復旧時間を非常に気にされるのであれば、最短の障害フェールオーバーのシナリオを選択する必要があります。TrioNAS LXHAは超高速バス(64GB/ s)バックプレーンライン(backplane) でハートビート信号(heartbeat signal)及び inter-process communication dataを転送していますので業界では最速、最も安全(Cable Less)な故障切替が出来ます。最適な切替時間は10~20秒です。平均的に60秒未満です。全てのSMB、NFS、iSCSIのデータは保護されています。故障が発生した際、すべてなデータサービス及びスケジュールされたタスクは自動的に別のアレイコントローラに切り替えますので、応用アプリケーションはほどんど故障の発生が感じません。冷静に対応が出来ます。理想的な保険及び保障となっております。

 
集中ストレージ及び簡易ファイルの共有管理を提供します

TrioNAS LX HAにはNAS、iSCSI SANがあります。それによって、ハードウェアの購入コストの削減、ITインフラストラクチャの統合を簡素化することができ、本物のユニファイド・ストレージ・デバイスとなります。SMB、NFS、iSCSI などの高可用性の機能を持ちます。TrioNAS LX HAが集中ファイルサーバーを管理し、作業環境の異なるシステム、例えばWindows、Linux、Unix 及 Mac 間のデータがTrioNAS LX HAを使えば、簡単に交換利用が可能です。既存のネットワークスイッチを使用すれば問題ありません。ハードウェア機器の簡略化、電気コスト、ストレージスペース及び複雑な人員管理などの節約出来ます。
*
*
ZFSファイルシステム及びRAIDデュアルプロテクション

TrioNAS LX HAは最先端なZFSシステムを採用し、128ビットの大きなスペースが大規模なデータ容量ニーズに答えます。トランザクション(transactional)、コピーオンライト (copy-on-write) の仕組みで、システムの故障を防ぎます。ZFSより自動的に検出、修正が出来ます。(サイレントデータの破損修正。)更にデータ整合性(End to end)及び一致性(Data Integrity)の確保が出来ます。同時に RAID 保護を提供しながら、アプリケーションに応じて冗長容量性の選択肢を提供しております。
SSD キャッシュをサポート

TrioNAS LX HA はSSDのパフォーマンス特性を使用して、メモリとハード ドライブの間 SSDキャッシュを使い、全体的な効能を向上させるため、常にアクセスしているホットデータ(Hot Data)を暫くSSDに保存します。特にランダムでのアクセスでの効果が良いです。最大 20 倍のパフォーマンスを向上することが出来ます。
*
*
ハイブリッドストレージ- 高いフレキシブル性と優れたパフォーマンス

ハイブリッドストレージ装置はSSD及び伝統的なHDDを同じストレージで使用します。全体的な有効性を高めるためにSSDを使います。QSM2.0はSSDキャッシュ機能を提供し、読み込みキャッシュ( (read cache)と書き込みキャッシュ(write cache)を対応しています。SSDハードディスクを使って、全体的な効能を向上しています。 L2ARCは、キャッシュメモリとハードディスクドライブとの間のデータを取り出し、常にアクセスされるホットデータは加速させると同時にI / O待ち時間を減らすために自動的にL2ARCに移されます。L2ARCのデータ重複削除(deduplication)も、データをL2ARCに移せば、速やかにデータの重複削除が行われます。ZIL(ZFS Intent Log)とは書き込みキャッシュです。POSIX準拠のファイルシステムログメカニズムの仕様に準拠し、同時に書き込み(synchronous write)のスピートアップが出来ます。詳細についてはQAN201203-How_to_Deploy_SSD_Cache_in_QSAN_Unified_Storage.pdfを参照してください。
フェイルセーフ・ネットワーク

アレイコントローラはよりミラーリング機能を提供する他に、Qsanは独占クラスターIPネットワーク技術にも同じミラーリング能力を提供してしています。それは主にネットファイル共有で、例えばSMB(CIFS)やNFSとなります。各クラスターIPはミラーリング方式で両方アレイコントローラ同じ位置のネットワークポートから成り立っており、実体アーキテクチャは冗長経路を提供しています。例え同じ実体経路にいかなるネット部品(ネットポート、エクスチェンジャー、ネットワークケーブル)の故障時、即時にシームレスギャップ(transparent)自動的に冗長経路を変換します。資料を途切れることなく伝送できます。
*
オリジナルUnifiedAUTHアクセス認証統合

あなたの仕事環境を想像してみてください。Windowsサーバー、UMIXサーバー、FTPサーバー及びiSCSI SANストレージデバイスがあります。すべてのサーバーが独立のIDとパスワードを使ってアクセスの設定しています。個人的なアカウントを管理するのはかなり複雑し覚えにくいです。UnifiedAUTHはこんな不便さを克服し、完璧にActive Directoryを統合しました。一つのADアカウントを全てのサービスで使用可能、大幅にアカウント管理の複雑性を簡略しているため、仕事の効率と生産性を高められます。
*
*
パフォーマンスを倍増

デュアルアクティブアレイコントローラの構成であるため、両方のコントローラともサービスを提供することができます。単一のコントローラと比較して、小規模なI / Oアプリケーションのモードは、30%〜50%のIOPS転送総合効率の増加が見られます。デュアルコントロールのメリットは、アレイコントローラの冗長性と高稼働率機能を提供するだけでなく、さらにスケールアウト性能向上のタプルメリットがあります。
ストレージ効率を3倍向上する

簡易配置(シンプロビジョニング)は、基本的に使用量によって、割り当てます。コストパフォマンス最大化するコンセプトとなっております。即時割り当て(ジャストインタイム)はマシンに十分なストレージスペースがあると思わせ、実体ストレジスペースとは関係ありません。書き込まれる際に初めてスペースの確保をします。事前にハード・ディスク・スペースを大量に購入しなくてよく、必要な際、ハード・ディスクが安価の時期に購入すればよいでしょう。

データ重複削除(Deduplication)サポートは、オンラインで各エリアのデータ重複を削除します。ファイル、データのバックアップ、VDI、電子メールなどアプリケーションは、不可欠な機能です。一つのボタンの簡単設定で、必要に応じて随時にオン、オフが出来ます。例えデータがコピー中でもデータの正確性及び安全性には影響しません。それが企業レベルのストレージ設備にしかできないハイエンド機能です。

データ圧縮(Compression)、データ量をさらに減らすことが出来ます。ロスレス(Loss Less)および高効率化の高アルゴリズム、オンラインリアルタイム圧縮をしています。これら三つのエンタープライズクラスのストレージデバイスは完全に無料に提供し、平均特定のアプリケーションには、最大3倍の省スペース効率を提供することができます。

*データの重複削除機能はまもなく次期最新ファームウェアで無料でご提供しますので、ご期待ください。
*
*
ファイルのスナップショット

ファイルのスナップショットを基本的にはボリュームのスナップショットをバックアップします。ボリュームは共有フォルダとなります。スナップショットはcopy-on-writeの差分化でデータブロックでバックアップを完成させています。そのため非常に効率的に空間の使用が出来ます。スナップを取る際もほとんどシステム資源の占用しません。該当ボリューム内のすべてのファイルやフォルダが保護されています。たとえばあなたが誤ってファイルを削除したり、修正したりした場合は、あるいはウイルスに感染された場合でも、あなたは手軽に影響を受ける前のファイルを探し出せますので、大幅に効率が向上し、データのセキュリティ確保出来ます。別のコストで、スナップショットをバックアップソフトウェアを購入する必要がありません。
ブロック ・ レベルのスナップショット

TrioNAS LX HA の LUN ディスクのスナップショットをサポートは、基本的に LUNのスナップショット ・ バックアップです。LUN ディスクは iSCSI を通してストレジスペースを使用しています。スナップショットが書き込みされす際、差分化のバックアップ ・ テクノロジーを使って、データ ブロックにて完成させるため効率的にシステムスペースの利用が出来ます。スナップショットをとる際にも、システムソースを占用しません。さらにスナップショットをある特定なポイントに復元できますし、尚且つスナップショットクローンを別の独立なLUNでも使用出来ます。
*
リモート レプリケーション及び災害復旧

TrioNAS LX HAの ブロックレベル (Block Level) はナップショット (Snapshot-Based)非同期リモート ・ レプリケーションに基づいています。アーカイブ ディレクトリまたは LUN にディスクの両方がリモートレプリケーションコピーを使用できますが、スナップショット機能を使っているため、ブロックの差異ファイルだけリモート レプリケーションにコピーされます。もっとも効率的なコピー手法です。尚且つストレージユニットでのコピーであって、フィアルの移動は全てストレージ側の TrioNAS LX HAが担当します。ホストサーバーのリソースは使用しませんので、ホスト側は重要なアプリケーション プログラムのみに起動し、ラッシュアワーを避けて、作業のスゲジュールもフレシキブルな調整が出来ます。

災害などが起きる際、サービスが中断されないよう、リモート側でオンラインデータをバックアップするという迅速な対応が出来ます。重要なビジネスデータを最適な保護モードに切り替えることができます。
*
 TrioNAS LX U400HATrioNAS LX U600HA
ハードウェア
コントローラーデュアルアクティブモードデュアルアクティブモード
プロセッサIntel Xeon デュアルコアIntel Xeon デュアルコア
メモリ(コントローラごと)16GB DDR3 ECC16GB DDR3 ECC
インターフェイス(コントローラごと)7x  1GbE イーサネットポート
3x   1GbE イーサネットポート
2x 10GbE イーサネットポート (SFP+ または RJ45)
フォームファクタ2U 12ベイ,  3U 16ベイ,  4U 24ベイ2U 12ベイ,  3U 16ベイ,  4U 24ベイ
対応ハードディスクドライブ6Gb SAS, SATA, SSD (3.5" and 2.5")
SATA 専用変換ボード (MUX ボード)
6Gb SAS, SATA, SSD (3.5" and 2.5")
SATA 専用変換ボード (MUX ボード)
ファン2x ホットプラグ対応ファンモジュール2x ホットプラグ対応ファンモジュール
電源供給
2U 12ベイ, 3U 16ベイ : 2x 550W 1+1 (80 PLUS Gold)
4U 24ベイ : 3x 550W 2+1 (80 PLUS Gold)
2U 12ベイ, 3U 16ベイ : 2x 550W 1+1 (80 PLUS Gold)
4U 24ベイ : 3x 550W 2+1 (80 PLUS Gold)
寸法 (幅 x 奥行き x 高さ)
19" インチシャーシ
2U : 446.0 x 499.5 x   88.0mm (W x D x H)
3U : 446.0 x 499.5 x 130.0mm (W x D x H)
4U : 446.0 x 499.5 x 176.0mm (W x D x H)
19" インチシャーシ
2U : 446.0 x 499.5 x   88.0mm (W x D x H)
3U : 446.0 x 499.5 x 130.0mm (W x D x H)
4U : 446.0 x 499.5 x 176.0mm (W x D x H)
最大対応HDD数256256
拡張 JBOD 拡張システムJ300QJ300Q
液晶モジュールYesYes
ソフトウェア機能
RAID レベル0,  1,  5,  6,  10,  50,  60
ストレージプール専用ホットスペアディスク,マルチRAIDレベル対応ストレージプール,自動リビルド,オンラインストレージプール拡張,オフラインストレージプールブラウジング, インスタントスタート(RAID初期化・フォーマット時間はない)
データサービスSMB 2.0,  NFS v3/v4,  iSCSI target
HAコントローラーフェイルオーバー,ALUA対応,自動/手動 コントローラーフェイルオーバー,イーサネットポートフェイルオーバー
ストレージ効率シンプロビジョニング (Thin Provisioning),データ圧縮 (Compression),SSDキャッシュ
ディレクトリ サービス Microsoft AD,  LDAP,  UnifiedAUTH
ネットワーク 機能クラスタ IP,DHCP またはスタティック IP,NTP client,jumbo frame,  trunking & LACP & teaming support,  VLAN tagging,  WINS client
データ保護ファイルのスナップショット,ブロック ・ レベルのスナップショット,リモート レプリケーション,クローン,Amazon S3 クラウドバックアップ,ウイルス対策ソフトウェア (ICAP-based)
セキュリティ共有フォルダのアクセス制限,IP フィルタ
暗号化データアクセス: HTTPS, FTP with SSL/TLS (Explicit), SFTP & SSH (Admin)
簡易管理Web UI management,クイックスタートウィザード,効能モニター,システムステータスとHDD状態モニタリング,ネットワークUPS内蔵,液晶パネル内蔵
仮想化VMware, Hyper-V, Citrix
ホスト OS サポート システムWindows,  Red Hat Enterprise Linux 5/6,  Solaris 10 またはそれ以降,Mac OS X
規制RoHS,  CE,  FCC,  BSMI,  UL,  CB,  cUL
保証シャーシモデル : 3 年

ホストチャンネル

端口数(コントローラごと)

モデル (D : デュアルアクティブコントローラー)

1Gb Ethernet

7x  1GbE イーサネットポート

2U 12ベイ : U400HA-D212
3U 16ベイ : U400HA-D316
4U 24ベイ : U400HA-D424

10Gb Ethernet

3x   1GbE イーサネットポート
2x 10GbE イーサネットポート (SFP+ または RJ45)

2U 12ベイ : U600HA-D212
3U 16ベイ : U600HA-D316
4U 24ベイ : U600HA-D424

項目 ダウンロード
TrioNAS LX U400HA U600HA datasheet_20160321 ダウンロード
Qsan_TrioNAS LX HA_2.1_Software_Manual ダウンロード
White paper-Unified Storage Video Editing Solution ダウンロード
White paper-Unified Storage Virtualization Solution ダウンロード
White paper-Unified Storage Backup Applications ダウンロード
U600_HA_4U_front_2D
U600_HA_3U_front_2D
U600_HA_2U_front_2D
U600_HA_4U_back_3D
U600_HA_3U_back_3D
U600_HA_2U_back_3D